探鳥会の案内

  • *これからの予定*
    (詳細は、下記)                                                1月21日(日)百舌鳥古墳群                   2月24日(土)和田川                     3月18日(日)堺自然ふれあいの森
  • **鉢ヶ峯定例探鳥会**
    1月7日(日)                           日本野鳥の会大阪支部では、毎月第1日曜に、堺市南部丘陵で探鳥会を開催しています。                               集合 9:15AM 泉北高速鉄道/泉ヶ丘駅(南側)バス停横 いずみがおか広場、または 9:45AM 鉢ヶ峯バス停                               担当 清水(072-299-1779) 、中辻、常石、塚田、三枝、横島                                参加費 会員(むくどり会員含む・大学生)100円、一般200円、高校生以下無料
  • **百舌鳥古墳群**
    1月21日(日)                      百舌鳥古墳群を巡りながらお壕に飛来するマガモなどカモ類や、ツグミなど冬鳥を中心に観察します。御陵の木にオオタカが止まっていることもあります。                   集合:午前10時 JR阪和線/上野芝駅改札                  担当:横島(072-299-2318)、常石                               参加費 一般100円(堺野鳥の会会員は無料)                  *********************** 探鳥会は、特に案内のない限り雨天中止です。                 現地解散予定は午後2時頃。どなたでも気軽にご参加下さい。 持ち物 弁当、飲み物、雨具、防寒具、双眼鏡、図鑑、筆記用具など ***********************                     
無料ブログはココログ

« ヨシの陰でクイナが羽繕い | トップページ | 農耕地にヒバリのさえずり »

オオタカのペア現れる

3月6日(日) 鉢ヶ峯Photo
ペアと思われるオオタカ2羽が法道寺上空で、寄りつ離れつ、繁殖行動か。農耕地ではカラス4羽がノスリに威嚇を繰り返す。梅の花が満開に近づくに連れ、カモの姿もまばらになり、確認されたのはマガモにオシドリ、コガモの3種のみ。代わってヒバリやホオジロ(写真)の姿が目立ち始めた。ふれあいの森の館裏で、イカルとシメを見て本日の〆とする。なお、解散後、ベニマシコとトラツグミが現れる。(写真コーナに掲載)
(参加33名、野鳥38種)
カイツブリ、カワウ、アオサギ、オシドリ、マガモ、コガモ、オオタカ、ノスリ、コジュケイ、ケリ、タシギ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

« ヨシの陰でクイナが羽繕い | トップページ | 農耕地にヒバリのさえずり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨシの陰でクイナが羽繕い | トップページ | 農耕地にヒバリのさえずり »