探鳥会の案内

  • *これからの予定*
    (詳細は、下記)                        6月17日(日) 大泉緑地                   7月15日(日) 堺自然ふれあいの森
  • **鉢ヶ峯定例探鳥会**
    6月3日(日)                           日本野鳥の会大阪支部では、毎月第1日曜に、堺市南部丘陵で探鳥会を開催しています。                               集合 9:15AM 泉北高速鉄道/泉ヶ丘駅(南側)バス停横 いずみがおか広場、または 9:45AM 鉢ヶ峯バス停                               担当 清水(072-299-1779) 、中辻、常石、塚田、横島                                参加費 会員(むくどり会員含む・大学生)100円、一般200円、高校生以下無料
  • **山野と水辺の鳥観察**
    6月17日(日)                       大泉緑地でヤマガラやシジュウカラ、コゲラなど山野の鳥と、バンやゴイサギなど水辺の鳥を観察します。ユリカモメやコアジサシなど海辺の鳥が飛来することもあります。                   集合:午前9時30分 中央休憩所(地下鉄新金岡駅東へ15分)                  担当:横島(072-299-2318)、谷越                               参加費 一般100円(堺野鳥の会会員は無料)                  *********************** 探鳥会は、特に案内のない限り雨天中止です。                 現地解散予定は午後2時頃。どなたでも気軽にご参加下さい。 持ち物 弁当、飲み物、雨具、双眼鏡、図鑑、筆記用具など ***********************                     
無料ブログはココログ

« ケリが水浴び | トップページ | 羽を休めるチュウシャクシギ »

春の使者ツバメの到来

 3月18日(土) 石川Photo

 イソヒヨドリが常駐する河内長野駅前を出発し、石川に架かる橋まで来ると、キ・ハク・セグロ3種のセキレイが勢揃い、その後も絶えず姿を見せた。石川に下りる途中で、珍しいヒヨドリの白化個体(アルビノ)を観察。川面をカワセミが滑るように飛び、岩の上ではクサシギ(写真)が羽を休める。農地まで来ると春の使者ツバメが飛び交い、揚げヒバリが鳴く。繁殖期が近いからかケリも警戒の声を上げていた。鳥合わせの時には、オオタカらしいタカが上空を旋回した。(参加20人 野鳥34種)
カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ケリ、クサシギ、ハイタカsp.、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、カワガラス、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル、アオジ、ドバト

« ケリが水浴び | トップページ | 羽を休めるチュウシャクシギ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケリが水浴び | トップページ | 羽を休めるチュウシャクシギ »